毎日の暮らしに、ほんのひとさじの夢を探して、
私たちはこの街に住むあなたを応援します。
スプーンネット
トップページへ 特集 バックナンバー
 Home > 特集 > 「電車で行く、庄内の旅。」
back 1 2 3 4 5 6 7 8 next
 




余目あまるめ】
余目駅は、陸羽西線で新庄方面へと
向かう分岐駅。駅の西側に広がる町には
小さな美術館やグルメスポットがたくさん。


あまるめホッとホーム
駅ナカ物産館。庄内の特産品が揃い、キヨスク的な要素も兼ね備える。
おにぎりやお弁当のほか、庄内町の町づくり会社「イグゼあまるめ」がプロデュースした本格米焼酎「庄内の雫」、スペシャルコシヒカリを使った「せんべい楽々4人衆」も販売。
■あまるめホッとホーム
庄内町余目字沢田5-2(JR余目駅舎内)
TEL.0234-43-3900 [営]
6:45〜18:30 [休]元旦



■駅前食堂 一幸
庄内町余目字沢田129 TEL.0234-42-3221
[営]11:00〜19:30 [休]毎月7・17・27日
  駅前食堂
一幸のチャシュウ麺
おいしいラーメン店が多い余目地区の草分け的存在。コクがあり、ダシのきいたスープが絶品と評判。ボリュームもたっぷり。塩チャシュウ麺650円、中華そば550円。駅直近・徒歩1分。

  居酒屋しょうじ
庶民派の旨い肴に舌鼓。2000円程度で、食べて飲んで満腹、大満足。
■酒屋しょうじ
庄内町余目字三人谷地4 TEL.0234-43-3906 [営]17:00〜23:00 [休]月曜

駅前ふれあい朝市
駅前ふれあいひまわり広場に、町内・近隣市町村の新鮮野菜や花、作りたての豆腐や惣菜などが並ぶ。11月まで原則毎月第2・4土曜、朝6:30から。お客様感謝デーやセールもあり。

映画「おくりびと」のロケ地となった余目。小学館ビッグコミックススペリオールに連載中のマンガ「おくりびと」には、駅のホームや駅前の風景が描かれ、話題となりました。新駅舎も今月には完成し、また新たな話題を呼びそうです。駅を出ると、線路に並行して続く昔ながらの商店街と、街なかを走る国道四十七号までの間に、食堂やラーメン店、カフェ、レストランなどの余目グルメが充実。それらを網羅した飲食店マップは駅でも入手可能です。ちょっと足を延ばせば、「耐雪書道美術館」や「文化創造館 響ホール」などの文化施設もありますよ。


内藤秀因水彩画記念館

フランス最高の美術展サロン・ドートンヌに入選し、注目を集めた故・内藤秀因画伯(1890年生)の作品約2000点を所蔵。7月18日(金)までは夏をテーマとした作品、約60点を展示。駅から徒歩15分。
 
■内藤秀因水彩画記念館
庄内町余目字三人谷地58-1 TEL.0234-43-3039 [営]9:00〜19:00(4〜10月)、9:00〜18:00(11〜3月)、9:00〜17:00(通年土日曜) [¥]無料 [休]月曜、祝祭日、年末年始








菓子のふじやの源氏車
銘菓・源氏車でおなじみ、ふじや本店が駅前に移転リニューアル!9:00〜18:00 [休]元旦


(スプーン2008年7月号に掲載)
back 1 2 3 4 5 6 7 8 next



pageup▲



月刊SPOON編集部

山形県酒田市京田2-59-3 コマツ・コーポレーション内
電話 0234(41)0070 / FAX 0234(41)0080


- 会社概要 - お問い合わせ -
Home Page上に掲載している写真・テキストの著作権は、SPOON編集部およびその著者に帰属します。
無断転用(加工・改変)、ネットワーク上での使用等はご遠慮下さい。
このサイトに掲載しているものは全て、個人でお楽しみ頂くためのもので、著作権は放棄しておりません。