毎日の暮らしに、ほんのひとさじの夢を探して、
私たちはこの街に住むあなたを応援します。
スプーンネット
トップページへ 特集 バックナンバー
 Home > 特集 > 「電車で行く、庄内の旅。」
back 1 2 3 4 5 6 7 8 next
 




羽前大山うぜんおおやま】
酒の町・大山は、駅を起点にぐるりと
周遊するのに、ちょうど良い行動範囲。
知見が広がる美味美酒探訪ルートです。


  旬菓処 福田屋
大山酒造、冨士酒造、渡會本店、羽前白梅。4酒蔵の純米酒を、同じ分量、同じ製法で仕上げた酒ゼリー(1個200円)。それぞれの風味が生きた本物志向の味で、冷やしたり、シャーベットにしても美味。このほかの和洋菓子も素材の味が大切に守られている。
■旬菓処 福田屋
鶴岡市大山字中道139-21 TEL.0235-33-2229 [営]9:00〜19:00 [休]水曜 

菓子のやごろ
1番人気は、みそまんじゅう(70円)と夏場はソフトクリーム(130円)。写真はおぐらのブラウニー(120円)。
■菓子のやごろ 鶴岡市大山1-19-1 TEL.0235-33-2216 [営]8:30〜19:30 [休]不定

  ふれあい図書コーナー
JR社員の寄贈本を駅の待合室に設置。畳敷きの長椅子がくつろぎ度満点。

出羽ノ雪酒造資料館
渡會本店による酒造資料館。大山の酒造りに関する貴重な資料のほか、美術品の展示や、試飲・きき酒コーナーもある。入館料100円。
■出羽ノ雪酒造資料館 鶴岡市大山2-2-8 TEL.0235-33-3262 [営]8:45〜16:30 [入館料]100円 [休]正月三が日
どことなくレトロな佇まいの羽前大山駅は、閑静な住宅地にあります。ここ大山地区は、江戸時代の天領地。良質の米と水に恵まれ、酒造りの町として栄えました。駅からの徒歩圏内には、現役の4つの酒蔵が点在し、「大山新酒・酒蔵まつり」が開催される2月には、大勢の観光客で賑わいます。酒蔵以外にも、駅近くには昔の農機具や玩具などを展示している「尾浦の蔵(要予約)」、大きな看板が目印の「いろは食堂」などが、エリア内にコンパクトに集合。懐かしさが漂う街並みを歩きながら、歴史と文化と旨い酒に酔いしれる、そんな大人の愉しみをぜひ。

  海鮮料理
食事処あび子

海鮮・惣菜のお店「筋子屋あびこ」に併設する食堂。「あびこ弁当」980円。

■海鮮料理 食事処あび子
鶴岡市平成町6-21 TEL.0235-38-1007 [営]11:30〜14:00、17:00〜19:30(宴会利用の際は22:00まで営業) [休]月曜(祝日の場合は翌火曜)

 
安良町公民館
明治18年に建てられた旧鶴岡警察大山分署。国登録有形文化財。
■旧鶴岡警察大山分署
(安良町公民館)
鶴岡市大山2-23(大山郵便局隣)
TEL.0235-25-2111(鶴岡市観光物産課)
  つけもの処 本長
創業100年。庄内の在来野菜を使った漬物などを販売。工場見学も可。
■つけもの処 本長
鶴岡市大山1-7-7 TEL.0235-33-2023 [営]8:00〜19:00(工場見学は8:30〜16:00)[休]無


(スプーン2008年7月号に掲載)
back 1 2 3 4 5 6 7 8 next



pageup▲



月刊SPOON編集部

山形県酒田市京田2-59-3 コマツ・コーポレーション内
電話 0234(41)0070 / FAX 0234(41)0080


- 会社概要 - お問い合わせ -
Home Page上に掲載している写真・テキストの著作権は、SPOON編集部およびその著者に帰属します。
無断転用(加工・改変)、ネットワーク上での使用等はご遠慮下さい。
このサイトに掲載しているものは全て、個人でお楽しみ頂くためのもので、著作権は放棄しておりません。