毎日の暮らしに、ほんのひとさじの夢を探して、
私たちはこの街に住むあなたを応援します。
スプーンネット
トップページへ 特集 バックナンバー
 Home > 特集 > 「電車で行く、庄内の旅。」
back 1 2 3 4 5 6 7 8 next
 




あつみ温泉あつみおんせん】
山・海・川の風光明媚なロケーションで、
多くの文人墨客が訪れた東北屈指の温泉街。
ゆったりと散策するのに適した街並みです。

足湯カフェChitto motche
〈チット・モッシェ〉

足湯につかりながらスイーツなどのカフェメニューが楽しめる人気スポット。店内には、しな織など地元作家によるギャラリーも。ほかにも温泉街には、川沿いの「もっけ湯」、温泉街の中心部「あんべ湯」なる2つの足湯があるので、足湯めぐりを楽しんでも◎。
 
 

■足湯カフェChitto motche
鶴岡市湯温海甲170
TEL.0235-43-4390
[営]10:00〜17:30 [休]第3木曜

  共同浴場「下の湯」
3つの共同浴場は誰でも入浴可。ここ下の湯は6:00〜23:00(清掃時間9:00〜12:00)。200円
■鶴岡市湯温海
TEL.0235-43-3547(あつみ観光協会)[営]6:00〜9:00、12:00〜23:00 協力金200円 [休]無
いでゆまんじゅう
いしぐろや謹製、だだちゃ豆まんじゅうとの詰め合わせ。
数量限定のあげまんじゅうも人気。
■いしぐろや
鶴岡市湯温海甲232 TEL.0235-43-2006
[営]7:30〜20:00 [休]不定
  大清水公園
温泉岳より湧き出る名水・大清水。隣のそば処「大清水」では、その清水にさらしたお蕎麦がいただける。
■大清水(そば)
鶴岡市湯温海乙131 TEL.0235-43-2064 [営]10:30〜17:30 [休]木曜


あつみこけし
駅のホームへ降り立つと、2体の大きなこけしがお出迎え。お顔が微妙に違うの分かる?
 
石段の河童たち
ばら園へと続く熊野神社の石段には、なぜか小さな河童の焼き物がたくさん埋め込まれている。見逃さぬよう。
海を見下ろす高台に建つあつみ温泉駅。特産・温海カブの色で描かれた駅名がパッと目を引きます。駅からバスに乗って7分ほど行くと、大小の旅館が建ち並ぶ風情ある温泉街があります。
開湯千年以上といわれるあつみ温泉は、山々に囲まれた静かな温泉地。街の真ん中を流れる温海川沿いには春になると桜が咲き誇り、川釣りを楽しむ人で賑わいます。最近は、3ヵ所の足湯が整備され、街のあちこちに花やベンチが置かれたり、カフェが出来たりと、宿泊以外の人でも賑わうようになりました。名物の朝市は4〜12月。情緒たっぷり、見どころ満載です。


あつみ温泉ばら園
熊野神社境内のばら園では、約90種3000本のばらが、初夏から秋にかけて咲き誇る。ここから眺める山容は温泉街の四季を彩る美景。
■あつみ温泉ばら園
鶴岡市湯温海(熊野神社境内)
TEL.0235-43-3547(あつみ観光協会)
 

おみやげ店の
ソフトクリーム
温泉街のお土産やさんに、不思議と多いこの看板。足湯につかりながら?歩きながら?“ながら食べ”のススメ。

ダイゴのフランスパン
温泉街からも駅からも離れているけれど、チェックしてほしいのがここのフランスパン。写真はカラメル味のドイツクリーム(168円)。





ダイゴ温海店
鶴岡市温海丙281-1 TEL.0235-43-4385
[営]9:00〜18:00 [休]元旦


(スプーン2008年7月号に掲載)
back 1 2 3 4 5 6 7 8 next



pageup▲



月刊SPOON編集部

山形県酒田市京田2-59-3 コマツ・コーポレーション内
電話 0234(41)0070 / FAX 0234(41)0080


- 会社概要 - お問い合わせ -
Home Page上に掲載している写真・テキストの著作権は、SPOON編集部およびその著者に帰属します。
無断転用(加工・改変)、ネットワーク上での使用等はご遠慮下さい。
このサイトに掲載しているものは全て、個人でお楽しみ頂くためのもので、著作権は放棄しておりません。