毎日の暮らしに、ほんのひとさじの夢を探して、
私たちはこの街に住むあなたを応援します。
スプーンネット
トップページへ 特集 バックナンバー
 Home > 特集 > 「庄内のお雛さま拝見。」
back 1 2 3 4 5 6 next
 

── 今年の「庄内ひな街道」を歩いてみる。(2)
「庄内ひな街道」2008年パンフレットより  庄内観光コンベンション協会 刊行

庄内町 庄内町亀ノ尾の里資料館

石川文右衛門家旧蔵の内裏雛
ひな人形展
庄内町主殿新田・石川文右衛門家より寄贈の由緒ある古典雛を中心に、明治時代のお雛さまと、かわいい貝びなを展示します。

公開●〜3月30日(日) 公開時間●午前8時半〜午後5時 料金●無料 休●3月24日(月)のみ 問●庄内町亀ノ尾の里資料館(第四公民館内) 庄内町南野字十八軒21ー1 0234(44)2162

三川町 三川町文化交流館(アトク先生の館)

趣向人形は、徳三郎氏の母、せきさんの手作り
阿部家のひな人形
阿部家に伝わる内裏雛と、伝説や物語の名場面を描いた趣向人形を展示します。期間中、日曜日には甘酒サービスも行います。

公開●3月1日(土)〜4月2日(水) 公開時間●午前10時〜午後4時 料金●無料 休●月曜 ※3月23日(日)午後1時30分〜午後4時には昔語りを開催する予定です。 問●三川町公民館 三川町大字横山字西田52―1 0235(66)4403

鶴岡市 致道博物館

旧庄内藩主酒井家の有職雛(江戸後期・京都製)
鶴岡雛物語
旧庄内藩主酒井家に伝わる雅な雛人形を、藩主の「御隠殿」で公開します。大名家ならではのひな祭りをお楽しみください。

公開●3月1日(土)〜4月3日(木) 公開時間●午前9時〜午後5時(入館は午後4時半まで) 料金●大人700円、高大学生380円、小中学生280円(団体割引あり) 問●鶴岡市家中新町10ー18 0235(22)1199 ⇒詳しくはホームページで

鶴岡市 荘内神社「宝物殿」

荘内神社の雛段飾り
古典雛展
旧家より奉納された雛人形と雛道具を展示します。神職、巫女の説明と温かい甘酒は好評です。雛弁当(要予約・5名〜)もお楽しみください。

公開●〜4月3日(木) 公開時間●午前9時〜午後4時半 料金●大人500円、中高生400円、小学生300円
問●鶴岡市馬場町4ー1 0235(22)8100 ⇒詳しくはホームページで

鶴岡市 旧風間家住宅「丙申堂」 (国指定重要文化財)

風間家八代目夫人の芥子雛(明治時代)
丙申堂のひな祭り
現当主の姉のお雛さま、母の芥子雛など、風間家にゆかりのある雛飾りと、鶴岡市の御旧家のお雛さまを展示します。

公開●3月1日(土)〜4月3日(木) 公開時間●午前9時半〜午後4時半 料金●大人400円、高校生300円、小中学生200円 問●風間史料会 鶴岡市馬場町1ー17 0235(22)0015 ⇒詳しくはホームページで

鶴岡市 鶴岡商店街 雛めぐり

各お店で所蔵する特徴あるお雛さまをご覧になれます。
鶴岡商店街雛めぐり お雛はん魅さへ〜
商店街の各店が所蔵するお雛はんを展示します。スタンプラリーに参加した方には、先着で1,000名に記念品をプレゼント。

公開●3月1日(土)〜4月3日(木) 開催場所●鶴岡市内商店 料金●無料 休●店舗により異なる ※「鶴岡商店街雛めぐりマップ」は観光案内所や観光施設、参加店で配布。 問●鶴岡商工会議所 鶴岡市馬場町11―63
0235(24)7711 ⇒詳しくはホームページで

鶴岡市 旧白幡邸(湯田川温泉)

旧白幡邸の雛段飾り
初公開 湯田川温泉 旧白幡邸のおひな様
お茶とお菓子をご用意してあります。

公開●3月1日(土)〜4月3日(木) 公開時間●午前9時〜午後3時 休●月曜日 ※3月3日(月)は公開します 料金●大人350円、小中学生200円 問●湯田川温泉観光協会 0235(35)4111 ⇒詳しくはホームページで

鶴岡市 龍の湯「蔵ギャラリー・氷室」

古今雛(江戸後期・江戸製)
温泉宿のひな祭り
土蔵を改装したギャラリーで、龍の湯に伝わる雛人形や民芸品を展示します。日帰り入浴や足湯などと併せてお楽しみください。

公開●3月1日(土)〜4月3日(木) 公開時間●午前9時〜午後4時半 料金●大人400円、高大学生300円、小中学生200円(団体割引 15名以上) 問●鶴岡市湯野浜2丁目4ー47 0235(75)2241 ⇒詳しくはホームページで

鶴岡市 湯野浜温泉旅館内各会場

古今雛(江戸後期)
湯野浜温泉雛めぐり
湯のまちをそぞろ歩きながら、それぞれのお雛さまをご覧ください。期間中、会場によっては雛膳(要予約)もご用意しております。

公開●3月3日(月)〜4月3日(木) 公開時間●午前9時〜午後4時 ※会場によって公開日時が異なります 料金●無料(「龍の湯」を除く) 問●湯野浜温泉観光協会 0235(75)2258 ⇒詳しくはホームページで
鶴岡市 松ヶ岡開墾記念館(国指定史跡)

旧白幡邸の雛段飾り
全国の土人形のおひな様
二万五千点を超える全国の郷土玩具コレクションから、約200体の素朴で愛らしい土雛人形を特別展示します。

公開●3月1日(土)〜4月3日(木) 公開時間●午前9時半〜午後4時半 料金●大人450円、高大学生350円、小中学生150円(団体割引あり) 休●月曜(祝祭日は開館) 問●松ヶ岡開墾記念館 鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29 0235(62)3985

鶴岡市 長沼温泉 ぽっぽの湯

古今雛(江戸後期・江戸製)
ぽっぽの湯のひなかざり
泉質の良さと眺望が自慢の日帰り温泉。期間中は、旧藤島町内の六人による手づくり創作和紙人形、貝の和紙人形、傘福を展示します。

公開●〜3月9日(日) 公開時間●前6時〜午後10時 料金●無料(入浴・休憩料は別途) 休●毎月第2木曜日
問●鶴岡市長沼字宮前266ー1 0235(64)4126 ⇒詳しくはホームページで

鶴岡市 あつみ温泉地内特設会場(旧庄交トラベル温海営業所)

古今雛(江戸後期)
あつみ温泉 湯のまち人形めぐり
旅館や商店でひな人形や姉さま人形を展示します。足湯や入浴と合わせて、歴史ある温泉街の雛めぐりをお楽しみください。

公開●3月1日(土)〜4月3日(木) 特設会場の公開時間●午前9時〜午後4時(平日の正午〜午後1時は閉館)
※特設会場は期間中無休。各施設により公開時間、休館日が異なります。 料金●無料 問●あつみ観光協会 0235(43)3547 ⇒詳しくはホームページで


back 1 2 3 4 5 6 next


◆バックナンバーもチェック!

われら青年協力隊(2007年10月号)
協力隊の経験を生かし、帰国後、庄内で活躍してらっしゃる方たちに会いに出かけました。

ダリア花咲く秋の日に。(2007年11月号)
酒田の花き生産者の方々も含めて、ダリアを愛し、丹精込めて育てていらした方々をお訪ねしました。


学校の図書館。(2007年12月号)
草の根の動きから、教育の中枢へ。
県内の特色ある学校図書館をお訪ねしました。

わが家の正月膳。(2008年1月号)
酒田市内と鶴岡市三瀬と櫛引地域、庄内各地の家々にお願いしてお正月のごっつぉを紹介していただきました。


わが写真と人生。(2008年2月号)
ここ庄内で、人生のライフワークを、写真を通して、表現していらした方々をご紹介します。

庄内のお雛さま拝見。(2008年3月号)
酒田から鶴岡、そして庄内一円へ「雛の縁」が 広がって、春待つ心がつのります。


アートでまちを再発見(2008年4月号)
私たちのまちの、何をアートで再発見?
その全容をお伝えします。

アートシーンへの招待席。(2008年5月号)
私たちと同じ庄内の風景を見て育った3人の方々に、芸術への思い、故郷へのメッセージを伺いました。


動物ふれあい活動。(2008年6月号)
動物と人との新しい関係のあり方を示す、
ある活動をご紹介します。

電車で行く、庄内の旅。(2008年7月号)
電車に揺られ、往く景色を追いかけて片道数分の旅へと、さあ出発。


モンテディオ山形の、いま。(2008年8月号)
J1昇格の悲願達成となるかは、私たち県民の力強い声援にかかっています。

わが家の休日。(2008年9月号)
山・海・川・街…庄内は絶好の行楽地。お気に入りの場所を情報交換して、わが家流に楽しめば、思い出の場所がもうひとつ増えたよ、ね。


直売所へ行こう。(2008年10月号)
庄内の旬の歳時記を、いち早く・安く・味わうことができる直売所は、 ご当地食材の宝庫。

妻への恋文。パート2(2009年2月号)
ふだんは言えない思いや感謝の気持ちを夫から妻へ。手紙を通して、それぞれのご夫婦の軌跡を語ってもらいました。



pageup▲



月刊SPOON編集部

山形県酒田市京田2-59-3 コマツ・コーポレーション内
電話 0234(41)0070 / FAX 0234(41)0080


- 会社概要 - お問い合わせ -
Home Page上に掲載している写真・テキストの著作権は、SPOON編集部およびその著者に帰属します。
無断転用(加工・改変)、ネットワーク上での使用等はご遠慮下さい。
このサイトに掲載しているものは全て、個人でお楽しみ頂くためのもので、著作権は放棄しておりません。